コレステロール(高すぎるといわれたら、ビタミンA・C・Eをしっかりと取り、食物繊維もとるようにした方がいいですね)を改善するのにいいとされている方法が、

コレステロール(高すぎるといわれたら、ビタミンA・C・Eをしっかりと取り、食物繊維もとるようにした方がいいですね)を改善するのにいいとされている方法が、
サプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)で紅麹を摂取しす。

紅麹は沖縄では豆腐に、
中華人民共和国や台湾では老酒や紅酒の製造原料として使われてきたコウジカビ(世界初の抗生物質であるペニシリンはカビから抽出されたそうです)の一種でありす。

コウジは味噌や日本酒などいろんな醸造食品を作る為に使用されていたもので、
コウジのなかにも紅麹は特に鮮やかな紅色をしているのです。

紅麹に含まれているモナコリンという成分により、
紅麹がコレステロールを下げる成分として話題となっているでしょう。

モナコリンは身体の中でコレステロールが合成される作用を阻害する働きがあるのです。

体の健康の為にコレステロール(食物繊維やビタミンC、レシチンを摂ることで、余計なコレステロールを体外に排出しやすくなるでしょう)は必要なものなのですが、
ありすぎるのも体には良くません。

ちゃんと善玉コレステロール(HDLコレステロールのことですね)を維持しながら、
紅麹を摂り入れることで、
悪玉コレステロールを少なくする事が出来るはずです。

かつ中性脂肪(お腹についた贅肉はほとんどこれだといわれています。食べ過ぎによって増えるでしょう)を減少させる効果もあると呼んでいるのです。

コレステロールには善玉と悪玉があり、
両方のバランスが大切です。

血管が詭まったり、
もろくなったりするのが、
悪玉コレステロール(この?値が高すぎると、動脈硬化である可能性があります)が過多になったならねです。

紅麹のサプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)はそれほど知名度が高くないですが、
人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)が無いかといえばそうでもません。

近頃はコレステロール(たくさん含んでいる食品を食べ過ぎることが問題なのではなく、体内で正しくコントロールできないことがよくないのだとか)を減少させる効果を持つ紅麹がますます注目されてきており、
これからもっと広くいろいろな人に使用されるようになっていきます。乙女の乳酸菌